名古屋のクリニックで椎間板ヘルニアを根本から治療を

鍼灸

椎間板ヘルニアが発症しやすいタイプは?

椎間板ヘルニアはどのような人に発症しやすいのでしょうか。その原因はいくつかあり、まず一つ目が姿勢の悪さによる背骨の歪みから来るものです。これは悪い生活習慣によるものだと言えますが、同じように前傾姿勢を取ることの多い職業や腰に負担のかかる業務を行っている人も職業柄椎間板ヘルニアになりやすいと言えます。
このような普段の生活習慣が原因の場合は、ちょっとした日頃の心掛けで予防することはできます。無論職業柄腰に負担がかかるのは止むを得ない場合もあるとは思いますが、日頃から少しでも正しい姿勢を意識することで対策をしていきたいものです。また椎間板は二十歳を超えた辺りから衰え始めると言われています。そして二十代から四十代の男性に椎間板ヘルニアに悩む人が多いとされています。そんなわけですからそこに当てはまる男性は注意が必要です。
椎間板ヘルニアになると手や腕、首や腰などに痺れや痛みが現れ始めます。ですので姿勢の悪さを自覚している方や職業柄、腰へ負担のかかることの多い方でしびれや痛みを少しでも感じたなら、それは椎間板ヘルニアかその一歩手前の可能性があります。もしそんな自覚症状があるなら専門医で診察してもらいましょう。

ヘルニアの改善に運動が必要な理由

ヘルニアを改善させるためには、運動が大切です。といっても、痛いときに無理に体を動かしてはいけません。改善のための運動は、痛みが治まってから、少しずつ始めていくのがポイントです。そうすると、ヘルニア改善によい効果があります。ただし運動と言っても、やみくもに体を動かせばよいわけではありません。ヘルニアを改善させるコツは、胴体回りの筋肉を鍛える運動をすることです。腹式呼吸やウォーキングとい…

ヘルニアの改善に効果的な運動とは

ヘルニアを改善するには運動をして、胴体回りの筋肉を鍛えなければなりません。それによりヘルニアの原因である、椎間板の負荷を軽減するのです。それには胴体の中でも横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群の4つの部位が重要になります。これらは4つまとめて「インナーユニット」と呼ばれており、姿勢の維持や、内臓の位置を整える働きをしています。それが椎間板に余計な負荷がかかることを防いでくれるのです。こ…

Menu

2017年11月10日
ヘルニアの改善に効果的な運動とはを更新しました。
2017年11月10日
ヘルニアの改善に運動が必要な理由を更新しました。
2017年11月10日
椎間板ヘルニアは手術なしで治る時代ですを更新しました。
2017年11月10日
椎間板ヘルニアが発症しやすいタイプは?を更新しました。
TOP