名古屋のクリニックで椎間板ヘルニアを根本から治療を

鍼灸

ヘルニアの改善に効果的な運動とは

ヘルニアを改善するには運動をして、胴体回りの筋肉を鍛えなければなりません。それによりヘルニアの原因である、椎間板の負荷を軽減するのです。それには胴体の中でも横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群の4つの部位が重要になります。これらは4つまとめて「インナーユニット」と呼ばれており、姿勢の維持や、内臓の位置を整える働きをしています。それが椎間板に余計な負荷がかかることを防いでくれるのです。
このインナーユニットを効果的に鍛えるには、腹式呼吸がおすすめです。これは歌のレッスンやヨガなどでよく行われており、インナーユニットをしっかり働かせることができます。腹式呼吸のコツは、息を吐き出すときに、腹部がへこむのを意識することです。すべて吐き出してしっかり腹部がへこんだら、鼻から息を吸い込みます。その際は、逆に膨らむことを意識しましょう。
またウォーキングは、胴体回りや足腰をバランスよく鍛えることができます。1日に30分ほど歩けば、かなり効果的なトレーニングになるでしょう。ただしあくまでもウォーキングだけにとどめておくべきです。ランニングをすればより鍛えられるように思えますが、走ることで椎間板に伝わる衝撃を考えると、ヘルニアの人には向いていません。無理をすれば逆に悪化させてしまうこともあるので、適度な運動を心がけましょう。

ヘルニアの改善に運動が必要な理由

ヘルニアを改善させるためには、運動が大切です。といっても、痛いときに無理に体を動かしてはいけません。改善のための運動は、痛みが治まってから、少しずつ始めていくのがポイントです。そうすると、ヘルニア改善によい効果があります。ただし運動と言っても、やみくもに体を動かせばよいわけではありません。ヘルニアを改善させるコツは、胴体回りの筋肉を鍛える運動をすることです。腹式呼吸やウォーキングとい…

ヘルニアの改善に効果的な運動とは

ヘルニアを改善するには運動をして、胴体回りの筋肉を鍛えなければなりません。それによりヘルニアの原因である、椎間板の負荷を軽減するのです。それには胴体の中でも横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群の4つの部位が重要になります。これらは4つまとめて「インナーユニット」と呼ばれており、姿勢の維持や、内臓の位置を整える働きをしています。それが椎間板に余計な負荷がかかることを防いでくれるのです。こ…

Menu

2017年11月10日
ヘルニアの改善に効果的な運動とはを更新しました。
2017年11月10日
ヘルニアの改善に運動が必要な理由を更新しました。
2017年11月10日
椎間板ヘルニアは手術なしで治る時代ですを更新しました。
2017年11月10日
椎間板ヘルニアが発症しやすいタイプは?を更新しました。
TOP