名古屋のクリニックで椎間板ヘルニアを根本から治療を

鍼灸

椎間板ヘルニアを治療するなら名古屋の整形外科

腰痛は単純に腰を酷使することでも起こりますが、お年寄りの場合は椎間板ヘルニアの可能性もあるので、名古屋の整形外科にいちど受診してみるのも良いかも知れません。椎間板ヘルニアは老化が進むにつれて、誰もがなる危険性を秘めており、決して他人ごとではありません。
そもそも椎間板ヘルニアとは体がどういう状態になっているのでしょうか。私たちの背骨はいくつかのブロックに分かれており、一本の骨になっているわけではありません。そのため、動くだけで骨と骨がこすれあい、骨がすり減るのですが、そうなるのを防ぐために存在するのが、椎間板です。これは背骨と背骨の間にあるもので、ぷにぷにした軟骨になっています。普通の状態なら、これがクッションになり背骨の衝撃を和らげてくれるのですが、老化や腰を使いすぎることによって、この軟骨がはみ出し、背骨の中を通る神経を圧迫している状態、これが椎間板ヘルニアになります。
これを放っておくと下半身のしびれを引き起こし日常生活にも支障が出ます。それを未然に防ぐためにも名古屋の整形外科できちんと治療することが必要です。名古屋には椎間板ヘルニアの治療に強いところがたくさんあるので、腰の痛みに悩まれている方は、はやめに治療を開始しましょう。

名古屋の整体院で椎間板ヘルニアを治療

椎間板ヘルニアはお年寄りがなるものとは限りません。背骨と背骨のあいだにある軟骨(これが椎間板)が飛び出して神経を圧迫する現象のことを椎間板ヘルニアというのですが、これは加齢だけではなく、普段の生活習慣が原因でも起こりえます。例えば宅配の仕事や引越し業をしている人は、頻繁に重いものを持ち上げます。これが腰には良くないのです。繰り返しているうちに、変な方向に背骨に負荷がかかり、椎間板にも悪影響が出てしまいます。
こういった治療は名古屋の整形外科でもできますが、痛みがひどい場合は名古屋の整体院に行くことも選択肢のひとつです。神経からの痛みというものは、薬で紛らわせられるうちはいいですが、徐々に効き目が薄くなると、ごまかせなくなります。そうなると、名古屋の整体院で腕のいい先生に適切な治療を受けたほうが、椎間板ヘルニアの悩みも緩和されます。
椎間板ヘルニアで背骨の神経が圧迫されると、痛み以外に出てくるのが下半身のしびれです。痛みではないものの、長時間正座をしたあとの嫌な感覚がしょっちゅうあると、運動することも億劫になりますよね。椎間板ヘルニアで立てなくなるということはありませんが、放置しておいても良いことは何もありません。腰の悩みが長年解決しなかった人は、名古屋の整体院に行ってみましょう。

安全に椎間板ヘルニアを治療するなら名古屋の鍼灸院

椎間板ヘルニアになりやすいファクターというのはいくつかあるのですが、一番多いのは重いものを頻繁に持ち上げる生活をしている人です。例えば運送業の人や、スポーツならば重量挙げの人でしょうか。椎間板ヘルニアが起こる原因としては、連結している背骨の隙間にある椎間板を覆うゼリー状の物質が過度の負荷によります。これによってその物質が背中を走る神経を圧迫し、痛みやしびれを生じさせるのです。
重いものを持ち上げる仕事をしている人にとって、椎間板ヘルニアは死活問題です。慢性化する前に治療するのが賢明でしょう。そこで今回おすすめしたいのが、名古屋の鍼灸院です。名古屋の鍼灸院では、病院とは違い、鍼やマッサージの治療を中心におこないます。病院でできることと言えば、投薬や手術ですが、痛み止めの薬は時を追うごとに効き目が薄くなりますし、手術はよほどのことがない限り、避けたほうがいいでしょう。
そうなると痛みの緩和と治療を同時におこなってくれる名古屋の鍼灸院こそが、椎間板ヘルニア治療には打ってつけ、というわけなのです。お近くにお住まいの方、あるいは遠方の方でもいい先生に診てもらうことは早期回復に繋がりますので、一度検索してみましょう。

ヘルニアの改善に運動が必要な理由

ヘルニアを改善させるためには、運動が大切です。といっても、痛いときに無理に体を動かしてはいけません。改善のための運動は、痛みが治まってから、少しずつ始めていくのがポイントです。そうすると、ヘルニア改善によい効果があります。ただし運動と言っても、やみくもに体を動かせばよいわけではありません。ヘルニアを改善させるコツは、胴体回りの筋肉を鍛える運動をすることです。腹式呼吸やウォーキングとい…

ヘルニアの改善に効果的な運動とは

ヘルニアを改善するには運動をして、胴体回りの筋肉を鍛えなければなりません。それによりヘルニアの原因である、椎間板の負荷を軽減するのです。それには胴体の中でも横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群の4つの部位が重要になります。これらは4つまとめて「インナーユニット」と呼ばれており、姿勢の維持や、内臓の位置を整える働きをしています。それが椎間板に余計な負荷がかかることを防いでくれるのです。こ…

Menu

2017年11月10日
ヘルニアの改善に効果的な運動とはを更新しました。
2017年11月10日
ヘルニアの改善に運動が必要な理由を更新しました。
2017年11月10日
椎間板ヘルニアは手術なしで治る時代ですを更新しました。
2017年11月10日
椎間板ヘルニアが発症しやすいタイプは?を更新しました。
TOP